脊柱側弯症|愛知県尾張旭市の接骨院「たち接骨院」


  • LINE 相談・予約可能
  • 毎週1回 21:30まで
  • 0527752700

    施術受付時間 8:30~12:00 15:30~20:00
    休診日 日曜・祝日
    (水曜・土曜のみ 8:30~14:00)

ご予約・相談

脊柱側弯症

側弯症について

『側弯症(そくわんしょう)』とは背骨が弯曲した状態で、背骨自体のねじれを伴うことがある病態です。
骨の変形のある「構築性側弯」と、骨には変形はないが、逃避姿勢として見かけ上起こる「機能性側弯」に大きく分類されます。

構築性側弯

脊椎のねじれを伴った側弯で、簡単にまっすぐに戻らない状態です。その中には、遺伝の関与などが考えられてる、特発性側弯が構築性側弯の約8割を占めます。
学校健診で脊椎の再検査と言われたり、本人やご両親が背骨が曲がっているのに気づいて発見される場合があります。

機能性側弯

痛み・姿勢・身体の使い方のクセなどの原因による一次的な側弯状態で、その原因を取り除くことで側弯は改善されます。

側弯症に対する当院の取り組み

現在、日本の多くの医療機関では治療として有効とされているのは装具療法と手術のみで、軽度の側弯症は経過観察となることが多いです。
しかし海外では、側弯症に特化した正しい運動療法(トレーニング)の効果に関する医学論文が多く発表されており、運動療法にはエビデンス(科学的根拠)があると認められています。

ドイツでは側弯症のための運動療法『シュロス(Schroth)法』があり、これは側弯症の進行を遅らせ、また手術をしなくても良いように運動や日常生活の指導をすることが大きな目的です。
当院は、世界最先端の側弯症エクササイズのInternational Schroth Best Practice TherapistとしてドイツのDr.Weissにより認定され、正しい運動療法と側弯症との向き合い方をサポートしています。

側弯症では必要に応じて病院や他の施設との連携が必要になります。
当院はその窓口として、病院やシュロスベストプラクティスジャパンと提携し、側弯症に対する適切な管理と運動療法に取り組んでいます。
治らないものと諦めずに、明るく前向きに改善を目指していくためのサポートをさせていただきます。

シュロス法について

※画像をクリックもしくはタップすると拡大表示されます

シュロス(Schroth)法は 1921年にドイツのカタリナ シュロスによって始められた側弯症に対する専門的な運動療法です。
自身も側弯症患者であったカタリナは独自に3次元の運動療法を考案し、現在では3代目のDr.Weissに引き継がれ、その効果は世界中で高く評価されています。
シュロス法はドイツでは健康保険も適用され、側弯症の施術法として確立されていますが、日本においてはまだその施術法自体がほとんど普及してないのが現状です。

シュロス法は側弯症や背骨のゆがみに対して背骨の横方向の曲がりだけでなく、ねじれも考慮されており、平面ではなく立体的な運動で姿勢と呼吸方法を意識させ、正しい姿勢の修正を行っていきます。
当院は、この側弯症に特化したシュロス法の資格(Schroth Best Practice Therapist)を取得し、現在の整形外科では手術以外には改善することができないと言われている側弯症に対して、運動療法と装具療法(ゲンシンゲンブレース≒シェヌー型装具)を行い、積極的に改善してく施術に取り組んでいます。
側弯症でお悩みの方、重い装具や手術をすすめられてお悩みの方はご相談ください。

シュロスベストプラクティス
ジャパン

最新の側弯症の施術(装具・運動)については、株式会社シュロスベストプラクティスジャパンのホームページもご覧ください。

Gensingen Brace

しっかりとした矯正をご希望の方にはドイツのGensingen Braceを奨励しています。こちらは麹町白石接骨院にて作製できます。

運動療法のトレーニング

当院はシュロスベストプラクティスに基づいてトレーニングを行っております。
実際のトレーニング風景を是非ご覧ください

側弯トレーニングをご希望の方へ

レントゲン画像等のデータやコピーをお持ちの方はご持参ください。解像度の高いものほど得る情報が多くなります。
またトレーニングも行いますので、動きやすい服装や身体のラインが分かりやすいものでお越しください。(着換えるスペースもございます)
※ 初回評価は、ゆっくり時間をかけて行っていますので完全予約制です。ご希望の方は電話(052-775-2700)もしくはLINE(こちら)でお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る