スポーツ障害|愛知県尾張旭市の接骨院「たち接骨院」


  • LINE 相談・予約可能
  • 毎週1回 21:30まで
  • 0527752700

    施術受付時間 8:30~12:00 15:30~20:00
    休診日 日曜・祝日
    (水曜・土曜のみ 8:30~14:00)

ご予約・相談

スポーツ障害

スポーツ障害について

スポーツによって関節・靭帯・腱・骨などに繰り返し外力が加わることで引き起こされる障害のことで、オスグット病・シンスプリント・疲労骨折・腰椎分離症・野球肩・野球肘・テニス肘などがあります。
使い過ぎによる症状のため、安静にすれば改善しますが、当院では身体の硬さや不良姿勢、間違った身体の使い方などの根本解決も併せて行っていくことが大事だと考えています。
(例えば野球の肘下がりのような悪い使い方は、これだけですぐに痛くなったりはしませんが、続けて使っていくことで徐々に故障につながります)

初期の施術こそが最も重要です

スポーツ障害は、スポーツの競技特性で負担が集中してしまい痛みを引き起こします。軽い痛みから経過が長い場合には、疲労骨折になってしまう場合もあります。
当然、重症になれば復帰は遅れます。当院に来院される方でも、『もっと早く対処していれば、ここまでならなかったのに…』といったことが良くあります。軽傷のうちに対処できればスポーツを休むことなく治ったり、改善も早いため、症状が気になったら早めにお越しください。

復帰までのトレーニングが充実

当院では広いトレーニングスペースを活用して、競技復帰までしっかりと(競技に合わせた専門トレーニング)サポートします。また、再発予防のためのトレーニングにも務めています。

スポーツ復帰・トレーニングについて

症状によってはスポーツを休まないといけない場面もあります。しかし、ケガをした場合には逆に身体機能の底上げをするチャンスにもなります。
ケガの施術だけでなく患部以外のトレーニング等も行うことで、患者さんの復帰のサポートやパフォーマンス向上、モチベーションのサポートをしています。

※画像をクリックもしくはタップすると拡大表示されます

スポーツ障害の主な部位と種類

むち打ち・バーナー症候群 等
リトルリーガーショルダー・インピンジメント症候群・腱板損傷・ルーズショルダー 等
野球肘・テニス肘・インピンジメント症候群・腱板損傷・ルーズショルダー 等
腰椎分離症・すべり症・梨状筋症候群・腰椎椎間板ヘルニア
ジャンパー膝・ランナー膝・オスグッド病・腸脛靭帯炎・分離膝蓋骨 等
足底筋膜炎・シンスプリント・アキレス腱炎 等

ページトップへ戻る